1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
 
半円い町

障がい者文学の確立に作家生命を傾ける著者渾身の小説集。読む者を深い感動に包む名品ばかりだ

 
こころの風景

昭和3生まれの著者は今もなおクラッシク音楽魅せられている。旅で撮った夥しい写真との見事な芸術的コラボレーション

 
 ふっとたたずむ

ことばにならぬ腸の底から絞り出した「東日本大震災 詩・歌・句呻吟集」。まさに魂の叫びである

 
ヴュルツブルクからの手紙

日本近代の闇に迫る「愛憎はるか――霧社事件の残光」ほか、 表題作含む小説5編所収

 
旅路

旅が人生になり、人生が芸術になる。大正15年生まれの著者の恐るべきエネルギーが結集した紀行文集

 
花のある暮らし

暮らしの折々で出会う花々へのやさしいまなざしの向こうには遠い昔の父母が見える

 
懐古放談

大正10年生まれの生粋の江戸っ子着物絵師が描く絵と子供の頃に聞いたり本で読んだり歌舞伎やお芝居で見た不思議な昔話の数々。

 
シニア文学投稿誌【鶴】と共に

文学とは無縁だと思っていたが、シニア文学投稿誌【鶴】との出会いで書く楽しみに目覚め、70代の今なお学び続ける。渾身の作品集

 
鉛筆の思い出

何気ない日常の話。幼い昔の思い出を透明な文体と文章で見事に表現している。子供から大人まで楽しめる童話集

 
「テレビよお主もワルよのう」

団塊の世代、必読の本。昭和の百貨店と自称する著者がテレビの面白さを飽くところなく開陳する

 
RSS

新刊情報

半円い町

半円い町

障がい者も健常者も差別のない理想郷を描く

著者:鈴木 寂静
 
鉛筆の思い出

鉛筆の思い出

著者、2冊目の秀作童話集

著者:前田 澄子
 
 
こころの風景

こころの風景

文学的香気に満ち溢れたフォトエッセイ集

著者:小杉 衆一
 
 ふっとたたずむ

ふっとたたずむ

東日本大震災で失った肉親へのレクイエム

 
 
ヴュルツブルクからの手紙

ヴュルツブルクからの手紙

中川原文学の鮮やかな収穫。力作小説集

著者:中川原 桂
 
躍動高齢者を生きる

躍動高齢者を生きる

高齢者よ閉じこもっていないで活動しよう

著者:鈴木 寂静
 
 
「テレビよお主もワルよのう」

「テレビよお主もワルよのう」

テレビ時代の申し子・立石一夫の大傑作

著者:立石 一夫
 
旅路

旅路

観光案内とは違う文化・文明論的紀行文集

著者:新井 信子
 
 
花のある暮らし

花のある暮らし

静謐でエスプリの効いた文章が奏でる花々

著者:國吉 和子
 
懐古放談

懐古放談

97歳のの江戸っ子着物絵師が描く昔話

著者:たがみ しこう
 
 
やっちゃんの怪我

やっちゃんの怪我

澄んだ文章で綴る特上の秀作童話集

著者:前田 澄子
 
私の人生 おきあがりこぼし 

私の人生 おきあがりこぼし 

苦しみ、悲しみ…逆境に立ったときの必読書

著者:長谷川浩子
 
 
花ポエム・アルバム

花ポエム・アルバム

花に託した亡き人への限りないオマージュ

著者:田口 静香
 
忘れえぬ人々

忘れえぬ人々

親しかった人たちへのやさしみとオマージュ

著者:北澤 正夫
 
 
シニア文学投稿誌『鶴』46号

シニア文学投稿誌『鶴』46号

シニア世代の文学への熱い想いが迸る

 
シニア文学投稿誌【鶴】と共に

シニア文学投稿誌【鶴】と共に

70代の今なお学び、絆を大切にする

著者:金沢 能てんき
 
 
秋のマジック

秋のマジック

生命のうたが、ひそかに聴こえてくる

著者:島崎 文緒