ホーム > アオザイを買って来ようかしら

アオザイを買って来ようかしら  新刊

アオザイを買って来ようかしら

「日本図書館協会 選定図書」好奇心に加えて豊富な歴史的教養に裏打ちされた類い稀な文明批評を展開する気品あふれる旅行記である

著者 新井 信子
ジャンル 文学
文学 > エッセイ
出版年月日 2013/03/15
ISBN 9784434177101
判型・ページ数 4-6・184ページ
定価 本体1,300円+税
在庫 在庫あり
 

目次

カマルグの白い馬  7


再びロシアを訪ねて
     ――ドストエフスキーの面影を求め  21


アオザイを買って来ようかしら
     ――ヴェトナムを訪ずれて  61



パタゴニア随想  105


カルヴァドスをいかがですか  145


あとがき  179

このページのトップへ

内容説明

大正15年生まれの著者の旅行への執念と好奇心は尽きることはない。いまもなお世界を旅しているのは、驚きというしかないであろう。これまでにも、人があまり踏み入れていないアマゾンの奥地や南極を踏破し、今回はパタゴニアへ。歴史の専門家としての目には見るもの聞くものの全てが文明史的な好奇心を誘発する。絵はがき的、物見遊山的な旅行記とは一線を画す知的興奮に溢れた作品である。

このページのトップへ

関連書籍

爽 籟

爽 籟

秋の風に似て爽やかで澄み切った文章

著者:新井 信子
 
思いもかけず南極に立って

思いもかけず南極に立って

80歳を過ぎて南極、アマゾンを旅した記録

著者:新井 信子
 
 
家族

家族

著者:新井 信子
 
 

このページのトップへ