ホーム > シニア文学投稿誌『鶴』46号

シニア文学投稿誌『鶴』46号  新刊

シニア文学投稿誌『鶴』46号

創刊28年を迎える。これからも細々ながらでもシニア世代の文学への熱い想い、作品発表の場を守っていきたい

著者 シニア文学「鶴」編集委員会
ジャンル 文学
出版年月日 2016/06/05
判型・ページ数 4-6・190ページ
定価 本体1,000円+税
 

目次

巻頭小説 大蛇か鶴か  齋藤 弘 6

特集 ● 友
 「友」・エピソード  芳賀 實 24  
 あの言葉に救われた  横山 悦子 28  
 友に感謝を  夏瀬 良子 33
 二伸で知った旧友の死  小杉 衆一 37
 昔日の友  小谷 和代 41
 不思議な出会いの友  田口 静香 44  
 ファンは友よ。 原節子さん追悼  さかばやし ゆみ 47
 七十路を生きる  樋口 勝 52  
 流行歌の中の“友”  立石 一夫 56  
 傘寿の会  前田 澄子 60  
 風――クラス会  國吉 和子 64
 
● エッセイ
 待合室にて  表口 和巳 68
負いの勝利  小谷 和代 72
 こだわり  樋口 勝 77
 詩歌の郷「象潟」  佐藤 善秀 81
 坂の多い町で   野口 武雄 85  
 古い新聞  國吉 和子 88
 未来へと続く道  井口 哲夫 92  
 若者にいま  浦田 千鶴子 96  
 ひとくちエッセイ  金沢 能子 100
 
● 詩と短歌 
 愛 犬   小谷 和代 106
 時々寸評と時事川柳  金子 康信 109
 であい  田口 静香 112
 風 景  表口 和巳 120
●紀行 敦煌と拉薩を訪ねる  新井 信子 136   
●追悼――伊藤至さん ふっと消えた含羞の人  井口 哲夫 141 
 姉の死と、ある老人の死と 伊藤 至 146
【鶴】44号作品評  作人の姿情  金沢 能子 149    
「鶴45号」ひと言作品評  立石 一夫 154
小杉衆一著「カフェ・クラシック」第2弾に期待!  立石 一夫 156
⦿書評2つ  新井 信子
 『ひときれのフランスパン』國吉和子 157
 『にわとりがついてきた』前田澄子 158

● 連載
 短・俳 落穂ひろい(第四回)  甲野 功 160  
 懐顧⑲  芳賀 みのる 172
 わが道 被爆の語り部として 第五回  是佐 武子 176 
ちょっとひとこと 185
● 新刊紹介 186
《寄贈同人雑誌》 190

このページのトップへ

内容説明

ペンを持つシニア世代の文学投稿雑誌。不穏な現代こそ、シニア世代の言辞は貴重である。シニアこそ、もっともっとことばを発し、表現の輪を広げて行こう。そういう趣旨で28年が経つ。200Pに満たぬ小さな雑誌だが、これからも細々ながら刊行してゆくつもりである。

このページのトップへ