ホーム > 9500万人が愛したコマソンたち

9500万人が愛したコマソンたち  新刊

9500万人が愛したコマソンたち

昭和を演出したCMソングのデープな世界と少年画報、月刊平凡、プレイボーイ、スポーツ誌、婦人雑誌掲載のチープな広告たち。

著者 立石一夫
ジャンル 文学
文学 > エッセイ
出版年月日 2016/07/15
ISBN 9784434222009
判型・ページ数 4-6・192ページ
定価 本体1,100円+税
 

目次

はじめに 7
第一章 「少年画報」の広告 9
 ①夢の室内野球場がやって来た 10
 ②熱狂的切手ブームは今いずこ 17
 ③まだまだあるぞ! 夢の商品 23
 ④まだまだ続く! 仰天広告 31

第二章 「月刊平凡」の広告 41 
 ①まゆ毛だけじゃない! 体毛にも「ミクロゲン・パスタ」を 42
 ②ただ者じゃないぞ! 東京書院 48

第三章 「スポーツ誌」の広告 63
 ①「プロレス&ボクシング」(一九六一年十二月号) 64 
 ②「ゴング増刊号プロレス写真画報」の広告 74

第四章 総合雑誌他の広告 79
 ①「現代」(一九六七年六月特大号)価格百五十円 80
 ②「週刊プレイボーイ」(一九六六年十一月十五日号)価格六十円 91     ③「主婦の友」(一九六七年六月号)の広告 107

第五章 愛すべきコマソンたち 125
 ①このコマソンを聴け「長生きチョンパ(船橋ヘルスセンター)」 126
 ②まだまだ続くぞ! コマソン黄金時代 141
 ③東西佃煮メーカーの激突 146
 ④コマソンは新時代へ「ふりむかないで」登場 151
 ⑤フーコのコマソン・パラダイス 164
 ⑥またまた〝元祖コマソン女王〟について 174
おわりに 186 
参考文献 188

このページのトップへ

内容説明

ひときわ輝いていた昭和30〜40年代にラジオやテレビから聞こえてきた様々なCMソング。高度経済成長の波に乗った元気いっぱいの日本社会を象徴するような明るくコミカルなメロディーは、未来への夢に溢れていた。それらのデープな世界と少年画報、月刊平凡、プレイボーイ、スポーツ誌、婦人雑誌掲載のチープな広告たちを昭和のヒーロー研究家・立石一夫が縦横無尽に書いた傑作である。

このページのトップへ

関連書籍

立石高3物語

立石高3物語

高校3年の1年間を毎日綴った青春日記

著者:立石 一夫
 
弁当持って映画館

弁当持って映画館

自分史とからめた昭和の下町エッセイ集

著者:立石 一夫
 
 
青春のプロレス野郎

青春のプロレス野郎

プロレス教信者の熱すぎるプロレス賛歌

著者:立石 一夫
 
立石館で夢を見た

立石館で夢を見た

昭和がいっぱい詰まった懐かしい本

著者:立石 一夫
 
 
 

このページのトップへ