ホーム > 私は大人の貌(かお)を見せた子供

私は大人の貌(かお)を見せた子供  新刊

私は大人の貌(かお)を見せた子供

障がい者文学に我が身を捧ぐことが著者の人間解放であり、 生きるエネルギーと。 生きることは書くこと、書くことは生きること。

著者 鈴木 寂静
ジャンル 文学
文学 > 小説
出版年月日 2017/04/10
ISBN 9784434231766
判型・ページ数 160ページ
定価 本体1,000円+税
在庫 在庫あり
 

目次

晩秋の朝焼け 1
私は大人の貌を見せた子供 9
居場所 45
母なる山 93
仙人さまの御心 121
あとがき
  一大決心――障がい者文学の確立 152

このページのトップへ

内容説明

67歳にもなって「大人」になれない自分……。

そんな私と大人のを見せた女性がとすれ違う。

「ああ——」と溜息がもれる。

野に咲くタンポポが「あなたはあなたのままでいいんだよ」

と言うようかのように春風に吹かれて揺れている。

私は自分なりにしっかりと生きるよ。ありがとうね。

このページのトップへ

関連書籍

自分人生を謳歌すれば人生愉しくなる

自分人生を謳歌すれば人生愉しくなる

「自分人生」を輝かしたい人のための必読書

著者:鈴木 寂静
 
円い町

円い町

人々が平等に暮らせる理想郷を求めた小説

著者:鈴木 寂静
 
 
揺れる交差点

揺れる交差点

混迷の時代に投げかけた渾身の小説集

著者:鈴木 寂静
 
明日へ

明日へ

瑞々しい文体になる純文学長編

著者:鈴木 寂静
 
 

このページのトップへ