ホーム > 私の人生 おきあがりこぼし 

私の人生 おきあがりこぼし   新刊

――女坂本龍馬をめざす

私の人生 おきあがりこぼし 

「いじめてくれてありがとう」「お金はなくてもビルは建つ」…信じられないような著者の数奇な人生模様が見事に描かれる

著者 長谷川浩子
ジャンル ノンフィクション
ノンフィクション > 自叙伝・自分史
出版年月日 2017/05/15
ISBN 9784434233111
判型・ページ数 A5・274ページ
定価 本体1,200円+税
在庫 在庫あり
 

目次

『私の人生 おきあがりこぼし』を推薦します  若尾文子 1

はじめに  長谷川浩子 2
私の言葉/父の教え/母の教え/私の考え/私の哲学、結論 4

第一部 私の半生の記録 15
Ⅰ章 故郷 17
Ⅱ章 上京 35
Ⅲ章 波乱の幕開け――般若苑。二十四歳頃 61
Ⅳ章 苦闘の日々 97
Ⅴ章 孫と生きる 145
Ⅵ章 最後に 165

第二部 私の恩人、そして、素敵な仲間たち 173
第三部 対談 239
 磯村みどりさん
 磯村さんの役者さんやスタッフさんへの気配りに感激 240
 杜けあきさん
 だから、「いじめてくれて、ありがとう」なんですね 244
 若尾文子さん
  若尾さんは、年齢と共に一層お綺麗になっていらっしゃるんですね 258

あとがきに代えて
 三女美智子の最後、そしてその御弟子さん達 268

このページのトップへ

内容説明

『私の人生 おきあがりこぼし』は、長谷川さんの絶対に失敗しない、必ずどん底に落ちても起き上がる人生の書です。長谷川さんのおっしゃる“生き学”そのものです。(若尾文子 女優)

推薦文を寄せている若尾文子さんの言葉通り、窮地に陥ったときこそ生きる「勇気」と「活力」を与えてくれる本だ。「いじめてくれてありがとう」「お金はなくてもビルは建つ」…信じられないような著者の数奇な人生模様が見事に描かれており、読む者の心を鷲掴みにする。

 

このページのトップへ