ホーム > 躍動高齢者を生きる

躍動高齢者を生きる  新刊

私という「個」になりきる

躍動高齢者を生きる

老人とか後期高齢者とか、暗いイメージを捨ててバリバリとグレッシブになろう。高齢者への応援歌

著者 鈴木 寂静
出版年月日 2018/03/15
ISBN 9784434244049
判型・ページ数 新書・168ページ
定価 本体720円+税
在庫 在庫僅少
 

目次

巻頭詩  素晴らしい人生  3
 はじめに 9
 1 躍動高齢者とは 13
 2 いま、私はまさに躍動高齢者 17
 3 貰っていた時代からお返しする時代へ 28
 4 世界の中で私というたったひとつの個 35
 5 個を大切にする 39
 6 個の生かし方 42
 7 個になりきる 46
 8 個は怖くない 51
 9 誰もがその先は個 54
 10 個で生まれ、個で死んでいく 63
  ちょっとコーヒータイム 67
 11 躍動高齢者となって暴れまくる 72
 12 ああ、生まれてきて良かった 79
 13 ピンピンコロリからピンピンキラリへ 89
 14 先のことは考えなくてよい 94
 15 どんな死に方になっても後悔しない 97
 16 死は人生の総決算 99
  ちょっと、まじめな、コーヒータイム 105
 17 笑顔で、楽しく、悔いなく 108
 18 一日一生 112
 19 ユーモアのある人生 115
  ちょっとなが〜いなが〜い物語風のコーヒータイム 119
 20 見果てぬ夢を見続ける 151
 おわりに ~味のある個に向かって 157
 あとがき 161

このページのトップへ

内容説明

障害者文学の確立を果たした著者が、老人とか年寄りとか後期高齢者などという嫌な言い方をやめて高齢者のことをこれからは「躍動高齢者」と呼ぼうと、全国の高齢者に呼びかける。これからはバリバリとグレッシブになって社会参加をしよう! 全国の高齢者に送る渾身の一冊。

このページのトップへ

関連書籍

私は大人の貌(かお)を見せた子供

私は大人の貌(かお)を見せた子供

一大決心……障がい者文学の確立

著者:鈴木 寂静
 
自分人生を謳歌すれば人生愉しくなる

自分人生を謳歌すれば人生愉しくなる

「自分人生」を輝かしたい人のための必読書

著者:鈴木 寂静
 
 
円い町

円い町

人々が平等に暮らせる理想郷を求めた小説

著者:鈴木 寂静
 
揺れる交差点

揺れる交差点

混迷の時代に投げかけた渾身の小説集

著者:鈴木 寂静
 
 

このページのトップへ