ホーム > ヴュルツブルクからの手紙

ヴュルツブルクからの手紙  新刊

ヴュルツブルクからの手紙

日本近代の闇に迫る「愛憎はるか――霧社事件の残光」ほか、 表題作含む小説5編所収

著者 中川原 桂
ジャンル 文学
文学 > 小説
出版年月日 2018/04/10
ISBN 9784434245510
判型・ページ数 4-6・244ページ
定価 本体1,000円+税
在庫 在庫あり
 

目次

ヴュルツブルクからの手紙  5


 望 郷  55


 十七歳のきらめき  125


 ナザレのナッツ売り  147


 愛憎はるか――霧社事件の残光  173



  あとがき  238

このページのトップへ

内容説明

日本近代の闇に迫る「愛憎はるか――霧社事件の残光」ほか、 表題作含む小説5編所収した中川原桂の最新作小説集。

文中に「私はいままで多くの人たちの生活(いとなみ)を見てきた。人生は単純ではないし、人の生き方も単純ではない。善悪の評価さえも正当であるよりも、そうでない場合のほうが多いし、それを是正することが殆ど不可能であることも知った。しかし今回の台湾への旅では、知るべきでないものを知り、見るべきでないものを見たような戸惑いが、悔恨とともに私の背を打たせたこともまた事実である」とあるが、作家・中川原桂の真髄といっても過言ではない文章である。不条理なテーマへ果敢に挑むシニア世代の作家である。

このページのトップへ

関連書籍

偽りの太陽

偽りの太陽

中国の圧政に喘ぐチベットのいまを描く

著者:中川原 桂
 
つるばみ色の彼方

つるばみ色の彼方

愛の形、夫婦の在り方を問いかける

著者:中川原 桂
 
 
安南青花茶碗

安南青花茶碗

偶然が齎す不思議な出会いとドラマ

著者:中川原 桂
 
埠頭

埠頭

敢えて重いテーマに挑んだ問題作3編

著者:中川原 桂
 
 

このページのトップへ