ホーム > 半円い町

半円い町  新刊

半円い町

障がい者文学の確立に作家生命を傾ける著者渾身の小説集。読む者を深い感動に包む名品ばかりだ

著者 鈴木 寂静
ジャンル 文学
文学 > 小説
出版年月日 2018/09/20
ISBN 9784434251474
判型・ページ数 4-6・192ページ
定価 本体1,200円+税
在庫 在庫あり
 

目次

巻頭詩 境界線  1

     半円い町  7

     亡き友に捧ぐ  55
      一陣の薫風  57
      二陣の薫風  83

     亡き母・我が師匠に捧ぐ  117
      我が大樹、沈む  119
  
     桜子は一度死んだ  145
      あとがき  187

このページのトップへ

内容説明

現在の生きづらい世で、一人前の人間として生きていくためにはどうしたらよいか。精神障がい者(善常者)はどこに問題があるのか。力作小説『半円い町』で見事に描く。表題作ほかに『亡き友に捧ぐ』『亡き母・我が師匠に捧ぐ』『桜子は一度死んだ』3作収録。

このページのトップへ

関連書籍

躍動高齢者を生きる

躍動高齢者を生きる

高齢者よ閉じこもっていないで活動しよう

著者:鈴木 寂静
 
私は大人の貌(かお)を見せた子供

私は大人の貌(かお)を見せた子供

一大決心……障がい者文学の確立

著者:鈴木 寂静
 
 
円い町

円い町

人々が平等に暮らせる理想郷を求めた小説

著者:鈴木 寂静
 
 

このページのトップへ